ファミリーバイク特約は原付保険の決定版

自動車保険 ファミリーバイク特約

通勤・通学に使う原付の任意保険はできるだけ節約したいもの。

そんな原付バイクにぴったりの自動車保険特約があります。
その名もファミリーバイク特約
大変お得なこの特約はメリットがいっぱいです。

ポイント 通常のバイク保険だと数万円の保険料が必要ですが、
この特約なら7千円~1万数千円程度の保険料追加で済みます。

<ファイリーバイク特約のうれしいメリット>
チェック125cc以下のバイクを運転する家族(別居の子供もOK)が補償対象
チェック対人・対物・自損事故で本体の自動車保険と同様の補償
チェック原付が何台でも、借りたバイクでもOK
チェック年齢制限がありません
チェック原付の事故でも本体自動車保険の等級へ影響しません

このようにファミリーバイク特約は自動車保険にしては珍しいほどメリットの多い特約で、原付のある家庭ならすぐにでも追加したいところですね。

でも少しだけ待ってください。

ちょっとした手間をかけることで「ファミリーバイク特約も付いたし、保険料も安くなった」なんていう嬉しい結果になるかもしれませんよ。

その手間というのは

【無料】一括見積りでファミリーバイク特約付きの保険料を各社比較してみる

ということです。

今の保険にそのままファミリーバイク特約を追加すれば特約分の保険料が確実に高くなりますが、各社の保険料を一括比較すればファミリーバイク特約付きで一番安い自動車保険を簡単に探し出すことが出来ます。

今の保険がディーラーお任せの保険だったら、ほぼ間違いなく特約を追加しても安くなる保険会社が見つかるでしょう。

既に安い通販型などにしてある場合でも、単純追加の場合より保険料が安くなるところがきっと見つかると思います。

そもそも保険料の払い過ぎを防ぐためには、家族構成が変ったり運転者の年齢が一定以上になったりなどの節目に自動車保険の見直しをしなければならないのです。

ファミリーバイク特約の追加もそのような大きな節目の一つであって、特約追加は自動車保険見直しのとても良い機会だと思います。

年齢条件や運転者限定などで払い過ぎが見つかり、更に保険料を安く出来たなどというオマケがあるかも知れませんよ。

■今人気の高い【無料】自動車保険一括見積り(当サイトでの人気順)

順位    サービス           詳         細
第一位

ズバット自動車保険比較

最大19社 ほぼ全保険会社をカバー
比較的新しく今最も高機能な一括見積りサービスです。
「見積もり予約」は他社には無いズバットだけの便利な機能。
見積サイトはわかりやすい利用体験談などお得な情報が満載です。

第二位

保険スクエアbang!

300万人が利用!使いやすさNO.1の一括見積もり
最大18社の見積りを一括比較。画面でシミュレーション可能なシステムが特徴。
見やすく分かりやすい一覧でマイペースの比較・検討できます。
入力画面の案内が親切でとても使いやすい一括見積もりと評判です。

第三位

インズウェブ

既に800万人が利用の人気サービス
業界最多の最大20社に一括して見積り依頼をすることが出来ます。
利用者の保険料が安くなった平均額はなんと30,597円。
各社の保険料などをリアルタイムで比較検討することができます。


ファミリーバイク特約付の一番安い保険会社が見つかったらその保険会社に自動車保険を切り替えるわけですが、今の保険の満期がまだ先の場合はどうすればいいのでしょうか。

等級アップが遅れることになるので満期の前の中途切り替えは避けたいところですね。

そんな場合は、保険会社へ電話してとりあえず今の保険にファミリーバイク特約を追加してもらい、満期が来たらお目当ての保険会社に切り替えるという方法が良いでしょう。

もちろん多少の労は厭わないし一刻も早く安い保険料にしたいというのであれば今の保険を中途解約して新しい保険会社の自動車保険に切り替えることも出来ます。


■50cc以下の原付なら「自損型」で十分

50cc以下の原付(1種)は普通免許、原付免許で乗れる原付です。

法定速度30km、2人乗り禁止などからみて、ファミリーバイク特約は自損型で良いのではないでしょうか。

自損型のファミリーバイク特約というのは、自分のケガなどについては「自損事故」の場合にのみ補償されるというタイプのファミリーバイク特約です。

自損事故以外のケガなどは自分の保険からの補償がないため、心配であれば生命保険や交通傷害保険でカバーするという方法もあります。

また原付を通勤、仕事だけで使用する場合は、ケガなどが労災でカバーされることになります。


■51cc~125cc 「人身型」が必要?

原付の保険

50cc超125cc以下の原付バイクは、法定速度60km、2人乗りが可能な原付です。

50cc以下原付と同じような利用であれば、ファミリーバイク特約も「自損型」でいいのかもしれません。

2人乗りをし速度も出すという場合は人身傷害型のファミリーバイク特約が選べる自動車保険にするという方法があります。

人身型は運転者・同乗者のケガ等が本契約と同様に補償されます。

人身傷害型は自動車保険に人身傷害保険がついている場合に選ぶことができます。
(※本契約と連動で人身型になるところ、選択で人身型にできるところなど各社で取扱いが違います。)

「人身型の保険料が気になる」、「本契約に人身傷害が付いてない」などというそんな場合は、本体の自動車保険を今より安いものに切り替えてはどうでしょうか。

代理店型から通販型への切り替えなら人身型を付けてもおつりがくるかもしれません。


■人身障害型のファミリーバイク特約

自動車保険 ファミリーバイク特約

通常ファミリーバイク特約は「自損事故タイプ」であり、運転者のケガなどは自損事故の場合しか補償されません。

これはメリットの多いファミリーバイク特約の唯一の短所といっていいでしょう。

この短所をカバーしてくれるのが「人身傷害タイプ」のファミリーバイク特約です。

主契約が人身傷害保険付きであれば通常「人身傷害タイプ」のファミリーバイク特約が可能になります。

正確に言えば、本体の自動車保険が人身傷害保険付きの場合、自動的に「人身傷害タイプ」になるところと、選択で「人身傷害タイプ」にできるところとがあります。

保険料は通常の自損型より高くなります。(各社で違いますが1万円前後程度高くなります。)

ネットで様々調べると、通販型の中でも「人身傷害タイプ」付きでも安くなるのはチューリッヒ、アクサダイレクトなどといったところのようです。

他社で「車は人身傷害付き、原付は自損型」という選択で安くできる場合もあるようですが、せっかくの人身傷害の補償(過失割合に関係なく実損を補償)をはずすのは費用対効果を落としてしまいそうです。

あなたも一括見積もりで「人身傷害型」ファミリー特約付き自動車保険の最安を見つけてみませんか。


■原付で単独のバイク保険に加入する

自分も家族も自動車保険に加入していない場合は、単独のバイク保険に加入する方法があります。

原付に最適のバイク保険は、ズバリ言って通販・リスク細分型バイク保険でしょう。

中間コストのない通販型保険はもともと保険料が安いのですが、
原付のバイク保険にリスク細分型がおすすめの理由は、
原付以外のバイクと保険料区分が分けられるという点です。

チューリッヒの場合は走行距離 5,000km未満の区分で
通勤・通学利用の原付の保険料が割安になります。

アクサダイレクトの場合は、原付に走行距離区分は適用されませんが、
125cc以下の排気量区分が適用され保険料が割安になります。

例えば2種原付(51cc~125cc)で通勤・通学以外にも原付を利用する場合は、
走行距離を気にしなくて良いアクサダイレクトにすれば安心ということになります。

通販・リスク細分型はほかにも、使用目的、年齢、地域などのリスク区分があり、
原付に最適のバイク保険だといっていいでしょう。


■自動車保険 ファミリーバイク特約は原付に必選の特約

ファミリーバイク特約ほどいいこと尽くめの特約は珍しいでしょう。

ご家族の原付バイクでの通勤、通学をご心配の方、迷わずにファミリーバイク特約を選べば良いでしょう。

自動車保険の「ファミリーバイク特約」は、125cc以下のバイクを運転するご家族のどなたでも、対人・対物・自損事故について補償を受けることができます。

この特約をつければ、対人・対物事故では主契約と同額(主契約が無制限であれば無制限)、自損事故では各社それぞれの取り扱いにより保険金額が支払われるという、原付バイクを利用する方のこの上ない味方となります。

そして、さらに保険料の安い通販型に切り替えれば、この「ファミリーバイク特約」を付けた上で、自動車保険の保険料をこれまでより安くできるかも知れません。

自動車保険のネット一括見積もりで、ファミリーバイク特約付き自動車保険の見積もり比較をぜひお試しください。

補償、事故対応、無料サービスに定評のある自動車保険の本体に、家族のバイク補償という大きい安心が納得の価格で上乗せされるという「一石二鳥」を実感できるでしょう。


ファミリーが原付に乗るなら迷わずにファミリーバイク特約!

ファミリーバイク特約は、自動車保険の契約者とその同居家族が、原付(125cc以下)を運転中に事故を起こし、他人を死傷させ、損害賠償責任を負った場合や、自損事故(単独事故)によって他人の所有物を破損させた場合に保険金が支払われる自動車任意保険の特約のことです。

ファミリーバイク特約を付けることによって、本体の自動車保険の補償が適用され、本体の保険から補償を受けることができます。

具体的には、対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険(本人のケガ)という補償となります。

注意しなければならないのは、本体の自動車保険に搭乗者障害の契約があっても、ファミリーバイク特約では適用されないということです。

ファミリーバイク特約のメリットは数多くあります。

被保険自動車に「年齢条件・家族限定特約」などを付帯していた場合でも、ファミリーバイク特約には適用されません。

例えば自動車保険が30歳未満不担保の場合でも、ファミリーバイク特約では18歳のこどもがバイクで事故を起こした場合でも補償されます。

このほかにも

・他人から借りたファミリーバイクで起こした事故でも補償される

・ファミリーバイクの所有台数によって保険料は変わらない、つまり何打でもよい

・ファミリーバイク特約の対象となる事故を起こしても、翌年のノンフリート等級には影響がない

等のメリットがあります。

家族の誰かがファミリーバイク(125cc以下)を所有している場合や、頻繁に友人・知人のファミリーバイクを借りて運転する方は、付帯するメリットが大きい特約です。

<当サイトのメニュー>

利用者の多い一括見積もり

インズウェブ保険スクエアbang!カービュー一括見積と個別見積の使い分け

各社の保険料が違う要因

直接販売と代理店販売の違いリスク細分の違い保険料割引の違い保険会社と共済の違い

自分に合う保険を見つける

自分の条件で最安を選ぶロードサービスで選ぶ原付特約付きを安くしたい等級ダウンをなくしたい

このページの先頭へ